vsftpdでpasvが動かない件

これもStretchにしてから発生した不具合。

今まで動いていたのに、

vsftpd.confに
pasv_enable=YES
pasv_min_port=61050
pasv_max_port=61100
を追加

iptables/rules.v4に
-A INPUT -i eth0 -p tcp -m state –state NEW,RELATED,ESTABLISHED -m tcp –dport 61050:61100 -j ACCEPT
を追加した

perlでハマった話

Stretchにしたら軒並みPERLのcgiが動かないという報告が…。

色々と原因はあるのだが、jcode.plが古いとか、require config.cgiに./がないとか低レベルの問題だった。

Perlの5.24からは@INCにカレントディレクトリが含まれなくなった事によるcgiのエラーなので、これからもWEBのlogを見ておかないと各ユーザーのcgiでエラーが発生している可能性あり。

jcode.plのdefinedもほぼやっつけたつもりだが、まだ残っているかも知れない。

fmlも動かなくなって、これを機会にmailmanの環境を整えた。

やれやれ

 

Debian Stretch 9.4

Stretchがリリースされてから約1年経過したので、jessieから

アップデートした

apt-get upgrade
cat /etc/os-release
cat /etc/debian_version

vi /etc/apt/sources.list
# jessie => stretch

apt-get clean
apt-get update
apt-get upgrade
apt-get dist-upgrade
apt-get autoremove

systemctl reboot

 

再起動に失敗する

またしても再起動に失敗する。家主さんにハードリセットを

してもらって復帰。原因不明。これでは安易に再起動できないなあ。

WordPress 4.7.3-ja

自動更新は失敗、wordpress-update.shを実行し

ファイル・ディレクトリのパーミッションを変更してから

自動更新すると成功。

完了後wordpress-restore-config.shで戻しておく